マッサンのキャットフードの学校

マッサン

 

WEBサイト「マッサンのキャットフードの学校」を運営しています

ペットフード販売士として、ペットフードサイトの運営、ペットフードの販売、相談に関わってきました。人間の言葉を話すことのできないペットの気持ちを少しでも理解したいという気持ちが、質問や相談となって私達のもとへ届きます。それらの質問は全て、家族であるペットがとにかく健康で長生きして欲しいということに繋がっています。

これらのペットへの大きな愛によって、飼い主は時に疑心暗鬼になることがあります。

  • 「このキャットフード、ドッグフードは本当に宣伝通りにいいものなのか」
  • 「本当は愛猫に、愛犬に合っていないのではないか」
  • 「いいものを与えているけど、愛猫、愛犬は余り好きではないんじゃないだろうか」

これらの不安を少しでも解消できればという趣旨のもと、少しずつ「マッサンのキャットフードの学校」の更新を始めました。「マッサンキャットフードの学校」を通して、キャットフードへの疑心暗鬼を少しでも減らし、自身が納得して愛猫へ与えられるキャットフードを探してもらえればと考えています。

 

「マッサンのドッグフードの学校」も鋭意作成中です

ペットフード販売士として、ドッグフードの質問や相談にも関わってきました。実は動物としての生態を考えたときに、現状販売されているものとしてドッグフードよりもキャットフードの方が多くの問題を抱えていると感じたため、株式会社ヒューマルとしてはキャットフードからスタートしました。

「マッサンのドッグフードの学校」も徐々に執筆活動を行っていきますので楽しみにお待ちいただければと思います。

 

「ペット」という言葉・表現について

世界では伴侶や家族、友達と同様に位置づけとしてコンパニオンアニマル(伴侶としての動物、心が通じ合う対象としての動物)と呼ばれていますが、日本では余り馴染みがありません。私自身ペットという言葉を好ましいと考えていませんが、ここでは伝えやすくするためにペットという言葉を使わせていただきます。